本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

愛知産業大学短期大学

愛産大 短大

愛知産業大学短期大学・日本語教育コースでは、日本語を教える上で必要な知識とスキルを身につけ、国内外で活躍できる日本語教師をめざします。

『将来はプロの日本語教師になりたい人』、『地域の日本語教室でボランティアとして教えたい人』、『外国人の子供の日本語を教えたい人』。

卒業率60%以上!!

愛知産業短期大学・資料請求する


愛知産業大学短期大学のおすすめ理由

  • 日本語教育能力検定試験の合格対策を実施
  • 希望者は教育体験と教育実習もできる
  • ネット授業を一部科目で実施
  • 奨学金制度の導入で経済的負担をサポート

 


日本語教育能力検定試験の合格対策を実施

愛知産業大学短期大学 日本語教育 メリット

日本語教師になるには、一般的に「日本語教育能力検定試験」に合格することが要件のひとつだと言われています。

愛知産業大学短期大学では、その試験対策をおこなっています。

「専門ゼミナールB」や「日本語教育文法T、U」「日本語教育史」「音声学」などの科目では、検定試験の出題範囲に応じたカリキュラムを授業の一部に組み込んでいます。

日本語教育能力検定・合格にむけて全力サポート!! 


希望者は教育体験と教育実習をできる

愛知産業大学短期大学 日本語教育 メリット

希望者を対象とした教育体験と教育実習を用意。教育体験では、愛知産業大学の通学課程の留学生に向けた模擬授業をおこないます。

教育実習では、海外友好学校で現地の教職員や学生との交流します。こうした経験は、日本語教師採用の面接時にアピールに使えます。

これらの科目は単位として認定されますし、地域で開催される日本語教室でのボランティアも単位認定されます。  


ネット授業を一部科目で実施

愛知産業大学短期大学 日本語教育 メリット

インターネット環境さえあればいつでもどこでも学べる「eラーニング」(スマホ・タブレット・パソコン)、原則3日間のスクーリングのうち1日分を、インターネットを通じて自宅で行える「オンライン・スクーリング」を実施。

働きながら学びたい社会人のために、スクーリングのために通学する負担をネット授業で、軽くすることができるシステムになっています。

スクーリングは、年間12日間程度。原則として土・日・祝日を中心に開催するので、社会人も無理なく出席できるように配慮されています。

スクーリング会場は、名古屋や東京、大阪、福岡などの主要都市。


奨学金制度の導入で経済的負担をサポート

愛知産業大学短期大学 日本語教育 メリット

入学金:2万円 
入学選考料:1万円 
授業料:19万6000円(年32単位・スクーリング代8〜10単位分含む) 
学生教育研究災害傷害保険:130円(2年間有効)
※テキスト代別途(テキストは各自購入)

2019年度

奨学金制度の導入で経済的負担をサポートしています!


スクーリングなしでは卒業できない

愛知産業大学 通信 日本語教育コース デメリット

一部科目はネット授業でスクーリングの代替ができますが、スクーリング(通学)一切なしでは、卒業できません。

スクーリングは、名古屋・東京・大阪・福岡で開催。


愛知産業短期大学・資料請求する


愛知産業短期大学の卒業生からの口コミ体験談

通信制短大で語学のコースと日本語教育に関するコースがあったので選びました。

また、他の通信制短大よりも卒業率が高いこと、学費が安いことも大きな決め手となりました。

ほとんどの科目がオンライン上で単位取得できることも大きな利点でした。

スクーリング(通学)

主要都市にはスクーリング開場があったので、比較的スクーリングがとり易かったです。

学習方法

履修登録をした科目の教科書を購入し、独学で勉強をした後に、オンライン上で小テストを受講、それに合格して初めて本試験を受講することができます。

試験に落ちたことはありませんでしたが、万が一本試験が不合格となった場合には、再度受講料を入金し、受理されてからしか再受講ができません。

スクーリングでは積極的に発言することが求められますが、語学のクラスはレベルにばらつきがあり、クラス分けが多くても2クラス程度なので、下のクラスは簡単なイメージです。

愛知産業短期大学のメリット

まずは価格が他大学と比べて安いことです。

仕事と両立させながら卒業を目指すのは最初は不安が多く、入学するかどうかもかなり検討しました。

ですが、万が一の時には休学制度もありますし、まずは短期大学から入学し、その後に、国際コミュニケーション学科の専攻科に編入できることも大きな利点でした。

スクーリングに関しては他大学と同様必須がありますが、会場数も多く、それほど負担なく参加できたと思います。

3日間のスクーリングのうち、科目によっては1日はオンラインで参加、残り2日分をスクーリング参加とすることができるものもありました。

東京より名古屋のスクーリングが多く日程調整が難しい

愛知の大学であるため、東京で開催されるスクーリング数は名古屋より少ないです。

福岡や大阪はさらに限られています。

専攻科に編入してからのスクーリングはすべての会場が名古屋であるため、宿泊先を抑えて参加しなければならず、大変不便です。

スクーリングは年間4つ受講する必要があり、参加日数は基本的には連日3日です。

仕事との両立を考えると、水曜日のみのスクーリングや、3連休にかぶっていないスクーリングにはなかなか参加できません。

日本語教師の資格を取得したい社会人におすすめ

仕事と両立しながら日本語教師の資格取得を目指される方には向いていると思います。

単位を取得するのもさほど難しくはなく、スクーリングもしっかりと参加すれば単位はいただけるイメージです。

ただ、しっかりとスケージュール組みをするなど、自身でモチベーションの管理をしなければ、あっとゆう間に時間がすぎてしまいます。

スクーリングの参加申し込みの確定もし忘れてしまうと、履修登録をしていても参加ができませんので、自己管理が得意な方には向いていると思います。

副業で日本語教師をしています

専門学校でも日本語教師の資格を取得できますが、将来的なことも考えると学歴も必要であると考えたため、まずは短期大学へ入学しました。

今後専攻科へ編入学し、大卒(学士の資格)を取得する予定です。

愛知産業短期大学には日本語教育に関して知識豊富な講師の方も多くいらっしゃるため、様々なお話を伺うことができたり、人脈形成にもなりました。

スクーリングに参加をして得た人脈は、大変ありがたいものと思っております。

愛知産業短期大学 30代女性の体験談


愛知産業大学通信のスクーリング風景

会場の外観とスクーリング風景、学生の雰囲気がわかります。

愛知産業短期大学・資料請求する