本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

アルク・NAFL日本語教師養成プログラム

アルクの教材


アルクのNAFL日本語教師養成プログラムは、日本語教育能力検定試験に合格するために、ポイントを効率良く押さえた講座として多くの人に評価されています。

日本語教育能力検定試験は合格率が20%前後の難関試験ですが、アルクのNAFL日本語教師養成プログラムを修了した人の半数以上が合格!

この高い合格率を見ても、いかにアルクのこの教材が優れているかがわかるでしょう。

アルクの通信と独学と通学の比較しました!


自分のペースで勉強できる

日本語教師養成講座の外箱

NAFL日本語教師養成プログラムは通信講座ですので、自分のペースで勉強を進められるところが最大の特徴です。

仕事をしている社会人でも無理なく進めていけます。

また、このプログラムには問題集と模擬テストがセットになっているため、このプログラムをきちんとこなしていけば、ほかに教材やスクールに通わなくても合格まで到達できるようになっています。

日本語教育能力検定試験には独学では難しい記述式の問題がありますが、それもこのプログラムなら添削指導が受けられるので、自分だけではわかりにくい回答作成のコツが把握しやすいところも大きな特徴です。

なお、日本語教師を目指す人のなかには、すでに海外に在住しているという人も多いですが、これは通信講座なので居住地がネックになることはありません。

ただし、海外に教材を発送するための料金は別に必要なので、具体的な金額など詳しいことはアルクのオンライン窓口を利用してお尋ねください。

「通信講座って不安…本当に合格できるの?」疑問を解決!


続けられる安心のシステム

アルク日本語教師テキスト

通信講座だと続けられるか自信がないという人は多いでしょう。

しかし、アルクのNAFL日本語教師養成プログラムには、このプログラム専用のSNSが用意されています。

同じ目標の仲間たちとコミュニケーションが取れるうえ、学習コーチからアドバイスももらえるので、とかく行き詰まりがちな独学も、自分の進捗状況を確かめながら合格までの道のりをたどることが可能です。

課題提出が郵送による通信講座だとタイムラグがあり、なかなかペースが掴みにくいものです。しかし、シームレスなやり取りができるNAFL日本語教師養成プログラムではその心配もありません。

また、日本語教育の第一人者の作成によるオリジナルの教材を使用している点も注目のポイントです。

CDとDVDが付いており、有名教授の講義をそのまま体感できるようになっています。

試験で出題される重要ポイントを的確に押さえた講義なので、これさえあれば高い授業料を払ってスクールに通うのと同等以上の知識が学べるのです。

アルクで合格した人のリアルな学習体験談はこちら!


合格確実なスペシャルパック

早めに学習をスタートして確実に合格を狙う人向けに、アルクでは、上記のNAFL日本語教師養成プログラムに検定対策用教材5種類がセットになった「日本語教育能力検定試験合格パック」という教材も提供しています。

このパックは試験に合格することを前提に作られているため、万一不合格だった場合は受講料が全額返金される制度も設けられています。

全額返金を保証するということは、この講座さえ受ければ確実に合格ができるという自負の表れでしょう。

<検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」