本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

日本語教師の求人の見つけ方<オーストラリア>

日本語教師の求人の見つけ方から、苦労したこと・満足していることまで。

仕事ができる「就労ビザ」が取れるか!?が大問題

私の場合は、夫がオーストラリア人ですから、すぐに配偶者ビザを取得できたので問題ありませんでした。

けれども、大学を卒業したばかりの同僚は「学生ビザ」を保持しつつ、「就労ビザ」を出してくれる学校をみつけるまで、苦労していました。


家庭教師の仕事の見つけ方

プライベートレッスン(いわゆる家庭教師)をするなら、地元誌、ショッピングセンターなどのコミュニティボードやネット上で宣伝します。口コミで来るケースも多いです。

時給は$30−50位(ちなみに音楽レッスンなら$70〜)が一般的だと思いますが、月謝制ではないので、生徒は都合が悪くなったらすぐにキャンセルしてきますので、あまり収入は安定しないかもしれません。


教員免許を取得した場合の就職

教員登録されたら、政府のサイト、QLD州ならTracerサイトで登録をすると、連絡が来ます。

また、私立の学校ではネット上で教員を募集していますから、ジョブサーチのサイトでリサーチしましょう。

(多数あります。以下例)

https://www.seek.com.au/  
http://www.jobsearch.gov.au/ 
http://au.indeed.com/Job-Seek-Australia-jobs


どんな生徒を教えているか、レッスンの時間帯

私は個人プライベートレッスンでは、子どもから大人まで教えています。

日本語を学校で習っていて更に深めたいから家庭教師を頼むケース。または成績が悪いから、成績アップのためのサポート。

大人は日本の文化(アニメやビジュアル系バンド、空手、茶道)をきっかけに習い始めた人。ビジネスマンで日本赴任が決まったから、日本のビジネス文化について習いたい方などいました。

また、図書館などの公共施設で「10週間の旅行会話短期集中コース」なども実施しました。

中高で教えた時もありましたが、現在小学校1年生〜6年生まで週1回30分〜50分教えています。


日豪の生徒の違いー中高

オーストラリアでは、生徒が教室掃除をする必要がないですし、中高では帰りのHRもありません。

「授業の終了時間=帰宅時間」であり、終了5分前になると教師が指示しなくても、生徒は勝手に教材を片づけ始めてしまいます。

また、教室や机の上にゴミを捨てて平気で、退室してしまいます。

もちろん小学校で「整理整頓」「ゴミは拾う」など躾は受けてきています。

けれども、中学生くらいになるとタガが外れるのか、食べたカスをーゴミ箱が近くにあってもーその辺に捨てていくので、最初のうちは、そちらの指導の方が大変でした。


苦労したこと

オーストラリアの大学を出ていないので、最初のスタッフミーティングで飛び交う教育用語がわかりませんでした。

また、文化に慣れるまで時間がかかりました。

例えば、教員同士はファーストネームで呼び合います。

校長先生や教頭先生を"Hi, John" Morning, Eva"と呼べるようになるまで、半年かかりました。


教え方の違い

小学校では特に、ほとんどの教科に教科書がなく、無償でもありません。ごくわずかの教科書だけ、生徒は購入します。

つまり、日本語教師が全ての教材を用意しなくてはなりません。

黒板はなく、どんなに田舎でも(むしろ田舎の方が補助金が贅沢にあり、設備は充実していた)プロジェクターと電子黒板を使い、パワーポイントなどで教える内容を提示します。電子機器の操作に慣れていないと苦労します。


満足していること

「小学校で日本語の教科書がない」という事は、自分の工夫次第で色々な事を教える事ができるという事です。

和食を作る、琴、生け花、着物、書道など、様々な日本の文化をレッスンに取り入れる事ができます。  

フルタイムの教員の場合、持ち帰る仕事はありますが、授業が終わる午後3時には退勤できます。

日本で教員として勤務していた頃は7ー8pmまで部活動や事務処理に追われていました。

土日や夏休みなど長期休暇も、講習・補修・部活動でほぼ休みなし。土日は完全休業、年間12週間の有給休暇があるオーストラリアのフルタイムの教員の労働環境は素晴らしいです 。

日本語教師の収入だけで生活できるか?