本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

日本語教師養成講座のある学校の選び方のポイント

日本語教師とは?

日本語教師とは、日本語を母語としていない人に日本語を教える教師のことをいいます。

国語と日本語が違うのはその点で、国語の場合は日本語を母語とする人を対象にしています。

そのため、日本語を母語としていない人に日本語を教える際には、日本語を一つの言語として客観的にとらえる必要があり、教授法も国語とは大きく異なります。

日本語教師になる方法

日本語教師になるには、大学や短大などで日本語教育に関する教育課程を修了したり、日本語教育検定試験に合格する、専門の学校で学ぶなど、日本語を理解し、使いこなせる能力があることが求められます。

日本語や日本文化に対する知識が備わっているか、日本語の教え方の基本的な事柄が身についているかも重要なポイントです。

日本語教師養成講座のある学校で学ぼう

単純に日本語が話せるというだけでは、日本語を教えることは難しいといえます。 日本語教師になる方法としては、専門のスクールや養成講座のある学校で学ぶという方法があります。

その場合、文化庁が示している「日本語教師養成のための標準的な教育内容」に沿ったカリキュラムになっているので、確実に日本語教師になるために必要なスキルが身につきます。

学校選びのポイント

専門のスクールや養成講座はいくつもありますが、学校の選び方のポイントは、自分の生活スタイルに合っているかどうかが重要になってきます。

特に働きながら学ぶ場合には、学習時間だけでなく、通学にかかる時間も確保しなければいけません。

通いやすい場所にある学校を選ぶ、通信講座やeラーニング講座を利用するなど無理なく続けられることが大切です。

また、短期間に集中して学ぶコースから、比較的長い期間で習得するコースまで色々あるので、自分の目標を設定して、それに合わせたコースを選ぶことが大事になります。

それから、講座の内容でも、理論と実習がバランスよく組まれているカリキュラムであったり、実習に重きを置いているカリキュラムだったりと学校によって特色がありますので、よく比較検討してみることが大切です。

通学する場合には、直接足を運んで講師から話を聞いてみるのがいいかもしれません。

実際に通った人の話はとても参考になります。いろいろな日本語教師養成スクールの受講生・卒業生の声を集めました。→日本語教師養成スクールの体験談