本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

日本語教師の資格取得方法

日本語教師の資格

日本語に興味のある外国人


日本語教員ガイドラインに記載されている以下の要件を満たすことが、一般的に『日本語教師の資格』をもっているとされています。

  • 大学にて、日本語教育・日本語教員養成課程の修了
     (主専攻・副専攻どちらでも可)
  • 日本語教育能力検定に合格(日本語教育学会主催)
  • 日本語教師養成講座の修了(文科省シラバス準拠420時間)
  • 日本語教育における3年以上の経験


通信制大学の日本語教員コースは、上記に該当します。


日本語教員ガイドラインの詳細

以下が一般的に「日本語教員資格ガイドライン」と呼ばれています。 

日本語教育機関の教員は次の各号の一に該当するものとする。

大学(短期大学を除く)において日本語教育に関する主専攻(日本語教育科目45単位以上)を修了し、卒業した者。

大学(短期大学を除く)において日本語教育に関する科目を26単位以上修得し、卒業した者。

日本語教育能力検定試験に合格した者。

次のいずれかに該当する者で日本語教育に関し、専門的な知識、能力等を有するもの

 学士の称号を有する者

 短期大学又は高等専門学校を卒業した後、2年以上学校、専修学校、各種学校等において日本語に関する教育又は研究に関する業務に従事した者

 専修学校の専門課程を修了した後、学校等において日本語に関する教育又は研究に関する業務に従事した者であって、当該専門課程の修業年限と当該教育に従事した期間とを通算して四年以上となる者

 高等学校において教諭の経験のある者

その他これらの者と同等以上の能力があると認められる者 (文部省1988年12月「日本語教育施設の運営に関する基準について」より)


以下、日本語ガイドラインについて解説します。

の「日本語教育に関し、専門的な知識、能力などを有する者」とは、学士の称号を有する者および高等学校において、教諭の経験がある者については、学校、専修 学校、各種学校などにおける、日本語に関する教育もしくは研究に関する業務に1年以上従事した者、または420時間以上日本語教育に関する研修を受講した者とする。

日本語の教員としての資格を満たさない者については、収容定員に必要な教員数として認めないものとする。

((財)日本語教育振興協会審査委員会による「日本語教育機関審査内規」より)  


*日本語教員採用に際しても、日本語教員ガイドラインが重要視されています。


「日本語教師ガイドライン」・「420時間」とは

日本語教師ガイドラインとは?

日本語教師を目指す人なら、この「日本語教師ガイドライン」「420時間」と言う言葉を聞いたことがあると思います。

これは文部科学省の外局行政機関である文化庁が出している「日本語教員養成において必要とされる教育内容」のガイドライン、つまり日本語教師になる為にこれは学んで下さいという指導方針のことです。

日本語教師になるために学ぶ「日本語教師養成420時間講座」は、このガイドラインに沿ってカリキュラムが組まれています。

文化庁の「日本語教員養成において必要とされる教育内容」とは?

平成12年(2000年)3月に出された、文化庁の日本語教員の養成に関する調査研究協力者会議報告「日本語教育のための教員養成について」の中で示されたガイドラインです。

簡単に説明すると、

1. 学習領域は、コミュニケーションを核として大きく3つの領域 「社会・文化に関わる領域」「教育に関わる領域」「言語に関わる領域」 から成り立っています。

この三つの領域はあえて明確な線引き・優先順位を設けず、いずれも等位置に位置付けられています。

2. この大きな三つの領域はさらに五つの区分 「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語」 に分かれ、

3. さらにその区分が3〜5つの区分に細分化されています。 実際一覧表を見るとわかると思いますが、かなりの量を学習する必要があります。

当然、日本人が日本語を教えるのに、何故これだけの内容を習う必要があるのかという疑問も出てくると思います。

日本語教育能力検定についてはコチラ


日本人なら誰でも日本語を教えられるのでは?

答えはNO 日本人ならあるいは日本語が母語なら、誰だって日本語を教えることができるのではないかと思う人もいると思います。

しかし残念ながら答えはNOです。日本語が母語であるがために、日本語を一つの言語として客観的に捉えて教えることができないのです。

例えば、「て形」を使って「〜てください」の文を作る時、「着る」は きてください ですが、「切る」はきってくださいになります。

「行」という漢字は比較的早く習いますが、行者(ぎょうじゃ)行動(こうどう)行灯(あんどん)などの色々な読み方があります。私たちが何も疑問に感じなかったことが、生徒さんにはなぜ?どうして?となるのです。

音声に関しても同じです。私の真似をして下さいだけでは正しい日本語の発音を教えることはできません。どうしたら生徒さんが正しく発音できるように指導するか、それを学ばなくてはなりません。


なぜ言語以外についても学ぶのか

様々な国や地域、文化的背景の人々に日本語を教えることが日本語教師の仕事です。でも、言葉だけを単純に教えれば良い訳ではありません。

それならインターネットの無料日本語講座で十分です。

人間が人間に、血の通った質の高い日本語教育をする為には、やはり世界と日本、異文化間のコミュニケーション、心理などを学ぶ必要があります。

それを学び理解してこそ、胸を張って自分は日本語教師だと言えるようになるのではないでしょうか。


日本語教師の基礎知識

日本語教育で用いられている用語と小中学校で使われている学校文法の違いについて簡単に解説している動画↓。

後半はよくある質問に丁寧に答えていますので、参考になりますよ。

大手前大学通信教育で日本語教師になろう!