本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

日本語教師の資格取得までの期間はどのくらい?

日本語教師の資格を取得するにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

その前に、日本語教師とは、母語が日本語以外の人に日本語を教える教師のことをいいます。

日本語教師には、日本語を客観的な言語として理解し、使いこなせる能力があることが求められます。

日本語や日本文化の知識を備えていることも重要です。単純に読み書きを教えるだけではなく、その国の習慣や文化を伝える役目も担っているからです。

日本語教師の資格とは

日本語学校などでは、教師を採用する際に日本語教師の資格を有していることを条件としているところが多いです。

資格とは、大学や短大で日本語の教員になるための課程を修了していること、日本語教育能力検定試験に合格していること、日本語教師養成講座において420時間以上の教育を受けていること、この3つのうちのいずれかを満たしていることをいいます。

これらの条件のうち一つを満たしている人が有資格者と認定されています。この基準は、日本語教育において、専門的知識・技術を持っていることを客観的に測る唯一の基準であると言われています。

日本語教師の養成講座が420時間以上とされているのは、文化庁が示した「日本語教師養成のための標準的な教育内容」に沿ったカリキュラムになっているからです。

つまり、民間のスクールで資格を取得するためには、最低でも420時間の講座を履修しなければいけないことになります。

その中味は、日本語の歴史や文化、発音やアクセント、文法のルールといった理論と、その理論を実際にどう教えていくかといった教授法の実技や、実際に教壇に立って教える実習など幅広い内容になっています。

資格取得までの期間

資格取得のための期間は、スクールや選ぶコースによって異なります。

通学の場合は、週に1回のペースで行われるコースや、週に2回、3回のコース、平日は毎日、週に5回のペースで短期間に集中して行われるコースまで様々あります。それに応じて、半年で資格取得ができるコースであったり、数年をかけて学ぶコースであったりします。

最短1年!

通信制大学で日本語教育を学ぶ場合は、大手前大学であれば最短1年での取得も可能です。日本語教師は大卒のほうが好ましいとされることが多いので、高卒・短卒の方は日本語教師の資格と同時に、大学卒業も目指すことをお薦めします。

最後に、途中で挫折しないためにも、自分の目標に向けて、無理なく続けられる生活スタイルに合わせて選ぶことが重要です。