本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

日本語教師に向いているタイプの3つの特徴

日本語教師に向いているタイプとは、どよのな人なのでしょうか?

日本語教師に向いている人が持っている3つの特徴。

⇒日本語教師の資格について知りたい方はこちら!


コミュニケーション能力

日本語教師に向いている人としてはいくつかのことが挙げられますが、まず何よりも大きいのはコミュニケーション能力に長けていることです。

そもそも日本語教師が教える日本語とは言語の一つであり、言語はコミュニケーションのために作られた道具です。

日本語教師が教える相手となるのはおおよその場合、日本語がわからない外国人ですから、そうした相手としっかり話し合い、教えるべきことを伝える努力を続けるというのは最低限必要な資質になります。

⇒日本語教育能力検定をとって自信をつけよう!


ホスピタリティー(思いやり)

次に大切な要素となるのはホスピタリティーを持つことです。 ホスピタリティーとはHospicsというラテン語を元とする言葉で、意味としては思いやりのこととなります。

日本語を教える相手は日本語が分からなくて教えを乞いに来ているわけですから、教師としてしっかり責任感を持ち、相手の状況を考えながら教えていくことが必要になります。

また時折勘違いしている人がいるのですが、公立学校などに雇われていない限り、教師にとって生徒はお客様です。

生徒が学ぶ気を無くしてしまうと授業料が得られなくなり、その分給与も入ってこなくなるわけですから、一般的な学校のように「教えてやっている」と考えるのではなく「教えさせてもらっている」と考えることをお勧めします。

もちろん、教師として厳しく接する必要がある時はそうするべきですが、あまりにも相手のことを下に見すぎるのは禁物です。

⇒日本語教師の資格は通でも取得できます。イチバン人気はココ!


表現力

そして三つ目に必要とされるのが、表現力です。 日本語教師として日本語を教えていく中では、無意識に理解できていたことに就いて質問されることがあります。

そうした無意識に理解していたことを伝えるというのは極めて高い表現力を要求されることですから、日本語のことを日本語で説明する能力を身につけなくてはなりません。

最後に、ただこうしたことはあくまでも「あればなお良い」といった程度の物です。

本当に熱意があり、努力が出来るのであれば誰でも日本語教師を目指せますから、こうした要素は今持っていなくてはならないというものではなく、将来的に自分のものにするべき能力として考えてください。

⇒日本語教師として働くうえで必要な学歴とは?学歴が足りない場合はどうするの?


日本語教師に向いている人のまとめ

コミュニケーション能力、ホスピタリティー(思いやり)、表現力の3つの能力を兼ね備えている人が日本語教師に向いているタイプです。