本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

国内で日本語教師になるメリット・デメリット

メリット

日本国内で日本語教師になることのメリットは、何よりも住みなれた国で働くことが出来ることが大きいです。

日本語教師の仕事はやはり日本国内よりも海外地域の方が多いのですが、海外地域で暮らすことになると生活環境はがらりと変わったものにせざるを得ません。

また最近だと海外地域でのテロ活動も少なからず見られるようになっていますから、家族の安心感という点でも大きいでしょう。

加えて直接法、つまり日本語で日本語を教えるという働き方の経験を積めるのもメリットと言えますし、今後さらに日本語教師としてのレベルを高めたいという人であればそのための研修や勉強会、セミナーにも参加しやすいという点も評価できます。

デメリット

ただその分デメリットも大きく、特に日本国内での日本語教師の需要はかなり小さいことは要注意のポイントです。

そもそも日本国内で日本語を話せるというのは普通のことですから、わざわざお金を払って学びたいかと言われるとそうではないでしょう。

日本に居住する外国人を対象にしたスクールもありますが、そうしたスクールは常に講師を目指す人の応募が集中する競争率の高い職場です。

ですから、せっかく日本語教師になる資格を得ても職場が見つからず働くことが出来ないということがあり得ます。

また日本語という出来て当然のことを教えるわけですから、英語などの別言語で効率よく生徒に解説できることが求められるというのも無視できない点です。

もともと英語などの言語を学んでいて、ネイティブレベルとまではいかなくとも日常会話くらいであれば問題ないという人であれば、採用してもらえる可能性はあります。

しかし、日本語は出来るが英語は全く分からないという人だと、厳しい言い方にはなりますが人材としての魅力があまりありません。

その点において海外だと多少現地語が話せなかったとしても、日本語を教えられるというだけで意味があるため、採用してもらう難易度は低くなります。

まとめ

まとめると日本で日本語教師をやることのメリットは暮らしやすさや日本語の更なる勉強のしやすさ、デメリットとしては採用してもらえる可能性が低いことが挙げられます。