本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

国内の日本語教員の採用状況

日本語教師の採用に向けての努力

日本語教師のライセンスを取るというのは前向きな選択ですが、気になってしまうのは就職に関してです。採用されるか心配になりますよね。

言わずもがな、日本語学校に採用されるためには関連する資格を合わせて持ち合わせていなければなりません。

そのため、求人に応募するという考えを持っている時は、そういった資格を取る事が必須!

常に努力することが採用につながります。


日本語教師の求人数は増加

そこでさらに気になってしまうのは、資格を手にしたものの、国内で活躍可能な求人が少ない可能性があるという点です。

しかし、今日では国内で日本語教師の求人が前よりも増加傾向にあるので不安視する必要はありません。

つまり、せっかく日本語教師のライセンスを取ったのにも関わらず就職先が見付からないという事態に陥ることはないのです。

当然、採用試験に合格できるのかというのは当事者の実力に大きく左右されますし、小さな街に住んでいるという時は求人自体が無いという事もあるでしょう。

また、普段は求人数があるもののタイミングにより偶然空きが無い時期が続いてしまう事もあります。

ただし、継続的に日本語教師のニーズが無くなってしまう事は無いため余計な心配をせずに、スキルと知識を着実に身に着けるようにしましょう。


社会情勢によって変化する

国内で日本語教師として活躍する時には、前提として社会情勢に大きく左右される特徴がある事を覚えておきましょう。

国内で外国人の留学生が生活し難い状況になると、当然留学生達は母国に帰国してしまいます。

そうなると、日本語を学ぶ生徒の絶対数が減少するため日本語教師の需要は低迷することになります。

近年は震災に見舞われた際、過去に例がないほど日本語教師の需要が減ってしまいました。

それは、度重なる地震に恐怖感を抱き外国人達が続々と帰国してしまったためです。

こうした点から、ほぼ全ての日本語学校において行われたのは経営を継続させるために新たに教師を確保する事を取り止めるといった対策でした。

ところが、その後被害が収まり国が正しい対応を行った事で再度訪れて学ぶようになったため、運営が通常営業に戻りました。


日本語教師の採用基準

日本語教師の採用基準は、おおむね以下のようになっています。

  • 大学または大学院で日本語科専攻又は副専攻修了者
  • 日本語教育能力検定試験合格者
  • 日本語教師養成講座420時間修了者

上記プラス、経験者が有利です。日本語教員の資格をめざすのであれば、日本語教員として就職したいですよね。


おすすめスクール

ヒューマンアカデミー 全国に駅近30校

↑未経験から学習スタートした方のうち、92.2%が日本語教師として就職!

全世界43カ国で日本語教師として活躍中!

関連サイト:履歴書の書き方職務経歴書の構成と書き方書類落ちしないように履歴書と職務経歴書は丁寧に書きましょう。

面接の質問に答えられないときどうする? 面接に臨む前に事前準備はしっかりと!

ただし、海外の日本語教師求人の大半は学歴が大卒以上です。高卒・短卒の方は大学で日本語教師の資格を取得しましょう。おすすめ通信制大学