本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

国内での日本語教師の仕事内容ってどんなもの?

日本語教師と聞くと、海外で日本語を教えているイメージがあるのではないでしょうか。

確かに日本で働くことを目指している外国人や日本に興味がある外国人を相手に始動している日本語教師も多くいます。

日本国内の日本語教師の仕事

しかし日本国内で指導しているケースも少なくありません。

日本語教師の仕事内容は、母国語が日本語でない外国人に日本語を教えることです。日本国内にもそのような外国人は大勢います。

基本的な文法や発音を中心に、日本国内で生活や仕事を行えるように日本語を教えます。

日本人にとって日本語は難しいものではありませんが、外国人にとっては複雑に感じられることが多いといわれています。

日本人相手に教える国語と違い、外国人が苦手とする内容を把握して教えることが重要です。

特に外国人は日本人と異なる感性を持っていたり、常識が違っていたりします。同じクラスの生徒でも、国籍や文化は非常に多様です。

また、ビジネスマンもいれば老人もいるなど、さまざまな人たちが混在した環境で教えることになります。

日本語を学ぶ目的や熱意も人によって違うので、それらを包括的にとらえて、どのように教えればスムーズに授業を進められるのかを考えなければなりません。

そのためには、単純に日本語を教えるだけでなく、その下地となる日本の文化やマナーなどを教える必要もあります。

日本語を教えるための題材を工夫

外国人に前向きに授業に取り組んでもらうために、日本の民謡や昔話を題材にするなどの工夫を行う日本語教師もいます。

現代ではアニメを題材にするケースも見られます。他の言語と同様に、日本語は一朝一夕で身に付くものではありません。

辛抱強くない外国人も多いので、魅力的なカリキュラムを考えることが大切なのです。

そのため、教壇で教えることだけでは十分であるとはいえません。

授業以外の時間に授業計画を考え、教材を選んだりすることも重要な仕事の一部なのです。一度決めた方針であっても、生徒の反応を見ながら随時調整していくことになります。

海外で働く日本語教師も同じように、題材・教材を工夫しながら教えています。