本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

日本語教師を目指す前に…

社会人から日本語教師を目指したり、転職をきっかけにして目指す場合には事前に知っておかなければならないポイントがあります。

日本語教師の仕事

日本語教師は教師という立場の中でも、特に活躍可能なエリアが多い上に、国内に限らず国外にも活躍できる場があるのは、大きな魅力の1つです。

日本語を話さない外国人に対して教えるという場合には、何よりも基礎を正確に教えなければならないと言えます。

外国人にとって初めて学ぶ内容なので、ただでさえ緊張していますし、世界の中でも特に難しい言語なので細部に至るまで丁寧にしっかりと教えてあげましょう。

そして、学生自らが学びたいと感じるような内容の授業を行い続ける工夫も大切です。

母音を正しく発音するといった基礎も難しく捉えられがちですが、諦めずにじっくりと時間をかければ必ず習得してもらえます。

日本語の正しい知識を身につける

こうした点からわかるように、日本語教師というのは教える側の能力により生徒の成績が大きく変わる職業であると言えます。

教える事ができる能力が高くなることにより、生徒が消極的であったとしても自発的に学ぶようになり、より良い成績を収めるようになります。

当然、日本語教師は人に教える側の立場なので、語彙や文法などを再度学び直さなければなりません。

母国語なので自信を持って教える事ができると考えている日本語教師は多いのですが、実は誤った知識を得て教鞭をとっている方は少なくありません。

また、外国の方に対して教える際には、自国にてどういった事柄を勉強してきたのかという点にも理解を深めなければなりません。

今後、日本語教師になる事を計画しているのなら、資格を取得して能力を証明できるようになる必要があります。

ライセンス取得率が低い

実は、あらゆる資格の中で日本語教師という仕事はライセンスの取得率が低いという特徴があります。 このような実情から養成講座を終えてポイントを押さえた上で試験を受ければ比較的容易にライセンスが手に入ります。

しかし、軽い気持ちで手に入れてしまうと生徒にとってはわかりにくい授業を行う先生というイメージが付いてしまいますので、ご注意ください。