本文へスキップ

日本語教師養成講座のある通信制大学!420時間・日本語教育能力検定との比較

日本語教師の就職は難しいの?

「いつかは日本語教師になって日本語を教えたい」と考えている人は決して少なくありません。

日本語が好きだから、日本の文化が好きだから、また海外に日本の言葉を伝えたいから、また人によっては外国語教師よりもハードルが低そうだから、といったように理由は人それぞれ。とはいえ、日本語教師というのは多くの人が憧れる職業になりつつあります。

しかしそうした目指す人が多いという状態は日本語教師として就職を目指す人にはかなり強い逆風が吹いている状態ですよね。

国内での日本語教師の需要

ではどうして逆風が強いと言えるのか、まず理由となるのは日本語教師という存在自体の国内需要が少ないことです。

大学院を卒業したなどのように日本語におけるエキスパート、言語学の研究者レベルとなればまだ就職の道はありますが、少なくとも日本語教育能力検定試験に合格したレベルの能力だと、あまり需要はありません。

と言うのも日本語というのは日本の母国語であり、日本に住む人だとおおよそ誰でも話せるわけですから、教育の対象となるのは日本に住む外国人がメインとなります。

そうしたスクールを開校したところで、受講する外国人の数には限りがありますから、国内で日本語を教える教師として就職するのはかなり狭き門なのです。

語学力が必要

加えて、ただ単に日本語を上手に話せるからと言って教師になれるわけではありません。

教える相手は日本語を母国語としない外国籍の人なのですから、教師として生活するには最低でも英語での受け答えが出来るくらいの能力が必要になります。

実際のところ、日本語教育だと直説法と呼ばれる日本語で日本語を教えるスタイルが主流ですから、ネイティブレベルの英語力がなくてもかまいません。

ですが、生徒が言っていることが何一つ分からずに上手く教えることが出来ないとなっては教師である意味がありませんから、日本語のみならず英語なども多少は話せる必要があります。

結果、日本語と英語、二つの言語を操れなくては教師としての道がかなり狭まってしまうわけです。

アジア地域のように日本との関係が深まりつつある海外地域で、日本語教師として就職するのであればまだ需要は大きいですが、この場合も現地語を理解している必要があります。

もし日本語教師を目指すのであれば、就職の道を少しでも増やすため、日本語のみならず海外の言語まで視野を広げる必要があるでしょう。

そのように努力することで日本語教師の就職は難しくないものになります。

求人の探し方

そこで、確実に日本語教師として就職したいと思うのであれば、スクールにきている求人募集に応募することです。

系列・提携の日本語学校から、そのスクール限定で求人がきていることがよくあります。

これから日本語教師を目指す場合は、スクールに就職先を紹介するシステムがあるか確認しましょう。

⇒ヒューマンアカデミーは日本語学校への就職率90%以上!詳細をチェック!!